2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--'--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009'02.09 (Mon)

[レビュー]遠隔捜査 -真実への23日間-

タイトル:遠隔捜査 -真実への23日間-(SCEJ)
ハード:PlayStation Potable
発売日:2009年2月5日

評価:☆☆☆☆☆☆☆


久しぶりのレビューです.
発売日にImpressの記事を見て,「なかなかおもしろそうだ」と思って衝動買いしました.
総合的にはまぁまぁかなという印象です.

ネタばれあるんで,続きに書きます.

【More・・・】



このゲームは冤罪の罪でとらわれた主人公が元彼女の弁護士さんと協力しながら冤罪を照明していくお話です.
主人公は動けないので弁護士さんに指示を出しつつ情報交換で推理を組み立てるのが軸になるわけですが,自分の足で動けない,という状況が実にもどかしい.
弁護士さんに指示を出してから,その結果を得るまでの1日のタイムラグがなんともいえないです.

「あー,1日待てば1度に2個,3個と聞くことができたのに・・・」

みたいなことを何度も思いました.
あと厄介なのが定休日.
これにはまると,必要な証拠(クルー)が揃いきらずに詰みます.
自分もスカイブルーでクルーをそろえ損ねて1回目は詰みました.
それ以外は特に苦労するところもないかなー.

弁護士さんのパートはちょっと単調でおもしろくない感じ.
ただ目的の場所にいって,話を聴いて帰ってくるだけ.
特に何かを調べたりする必要もなし.
まぁ,全然関係ないところを指して能天気なお言葉をもらって和んだりするんでいいんですけど.

尋問部分は「冷静に」みたいなことを言ってる割には互いに机をバンバンたたき合うのがやたら気になった.
「あんたらほんとに冷静か?」
って突っ込みたくなるぐらい.
あと,もう少しやりあいがあるとよかったな.
一問一答って感じで畳み掛ける感じが少なくて,緊張感はあったけど盛り上がっていく感じには欠けてたかな.
このあたりは改めて逆転裁判のすごさを感じたところ.

これは指摘してはいけないんだろうけど,ボリュームが少ないね.
10時間あれば終わっちゃうんで,やっぱり物足りない印象がぬぐえないかな.
あとフルボイスということで,中の人のことが少しわかってるとやる前から犯人の目星がついちゃうのがなんともね・・・.
テレビの2時間サスペンスドラマでの犯人役の人をある程度知名度のある人にするのと同じ感覚だね.


ネガティブなコメントが多いけど,久しぶりにゲームを始めからやり直させられたんで,それなりには評価してます.
昔はこんなゲームが当たり前だったよね.
素材というか着眼点というかそういうのはとてもおもしろいと思うので,シリーズ化されるのであればまたやってみようかな,と思える作品でした.

ただ,次があるほど売れそうにないのがね・・・・.


関連記事
スポンサーサイト
22:49  |  げーむ→レビュー  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


管理者だけに表示

▲TOP

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。