2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--'--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2012'02.27 (Mon)

[レビュー]ICO

タイトル:ICO(SCE)
ハード:PlayStation3
発売日:2011/09/22

評価:☆☆☆☆☆☆☆☆


ICOICO
(2011/09/22)
PlayStation 3

商品詳細を見る



2001年に発売されたICOのHDリマスター版.
前々からやってみたかったゲームだったので,よい機会ということでやってみました.


このゲームは空気感を全身で味わうゲームかなと思いました.
物語の背景的な部分はほぼ説明なしなので,考えるよりも感じることに重点をおいて楽しむのがよいです.

ゲームの大まかなあらすじとしては,城の中で出会った少女,ヨルダと一緒に城の仕掛けを解いて脱出を目指す,というものですが,これがなかなか難しい.
こういうゲームはそれほど不得手ではないと思っていたんですが,かなり苦しみました.
パイプがつかめることに気づくのにどれだけ時間を費やしたことか・・・.

仕掛け以外だと影がいらつきますね・・・(^^;
殴りに行こうとしたらバックステップで華麗に避けられて(#^ω^)ピキピキ ・・・なんてことはしょっちゅうでした.

あとはカメラワークですかね.
アクション自体はそれほど難しいことを要求している感じはしないのですが,カメラワークと微調整の効かなさでかなりハードルがあがっている気がします.
微調整についてはファミコン時代を思いださせる感じでした.


思ったまま書いてたらなんか不満だらけっぽくなってますが,個人的には良作だと思ってます.
フィールドの空気感とお城にまつわる悲しいお話,そしてその結末をじっくり味わってもらえたらと思います.
そんなに時間がかかるわけでもないですからね!



以下,余談
スポンサーサイト

テーマ : ゲームプレイ日記・雑記 - ジャンル : ゲーム

23:24  |  げーむ→レビュー  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010'01.07 (Thu)

[レビュー]光の4戦士 ファイナルファンタジー外伝

タイトル:光の4戦士 ファイナルファンタジー外伝(スクウェアエニックス)
ハード:NintendoDS
発売日:2009年10月29日

評価:☆☆☆☆☆☆☆★

光の4戦士 -ファイナルファンタジー外伝-光の4戦士 -ファイナルファンタジー外伝-
(2009/10/29)
Nintendo DS

商品詳細を見る


DSで出たFF外伝.
ファイナルファンタジーのタイトルがついてますが,今のFFの傾向とはまるっきり違う作品でした.

ストーリーは奇をてらった感じではなく,わりと王道な感じ.
そこに,町を探索しつつ次にやることを探していくという昔のRPGテイストな流れがあるわけです.
ただ,町の会話の配置があまりよくなくて,最初に話しかけた人(一番近くにいる人)がすべてを理解しきった発言をしてしまって,こっちが置いてけぼりになることもありました.
そこが実に惜しい.

戦闘面は基本操作がオートで流れる仕組み.
自分で攻撃する相手,回復する相手を選ぶのが普通だったのでこの点は最初に戸惑いましたが,すぐに慣れました.
それとAPを利用したバトルシステム,ってのも初体験でこれも戸惑いましたが,すぐに慣れました.
テンポもいいのでやっててつらくなることがないのがよかったです.
ただ,こっちも難点があって,属性命っていうぐらい属性の威力が高くてあまり戦略的な感じになれませんでした.


全般的にはノスタルジックな感じで,昔のFFってこんな感じだったなぁと思わせてくれます.
個人的にはFF3に近い感じで非常に楽しかったです.
23:22  |  げーむ→レビュー  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009'05.23 (Sat)

[レビュー]裁判員推理ゲーム 有罪×無罪

タイトル:裁判員推理ゲーム 有罪×無罪(バンダイナムコゲームズ)
ハード:NintendoDS
発売日:2009年5月21日

評価:☆☆☆☆☆☆☆☆

有罪×無罪有罪×無罪
(2009/05/21)
Nintendo DS

商品詳細を見る


裁判員制度スタートの日という実にいいタイミングで発売されたゲーム.
前に気になるソフトに挙げてたこともあり,発売日に買ってみました.

全体的な感想としては,いいシリアスゲームでした.
実際の裁判員制度の雰囲気がこのゲームと同様なのかはわかりませんが,消防法などの豆知識もあり,よかったです.
実際に裁判員になったら,こんな感じで悩むんだろうか・・・,なんてことを思いました.

正直,あまり爽快感はないです.
逆転裁判みたいな爽快感みたいなのを感じたい人にはオススメできません.
けど,とてもいいゲームだと思います.
ぜひ手にとって,そして自分が裁判員になるときを想像しながら遊んでもらえたらいいな,と思います.

以下,ネタばれつきの感想.
23:37  |  げーむ→レビュー  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009'02.09 (Mon)

[レビュー]遠隔捜査 -真実への23日間-

タイトル:遠隔捜査 -真実への23日間-(SCEJ)
ハード:PlayStation Potable
発売日:2009年2月5日

評価:☆☆☆☆☆☆☆


久しぶりのレビューです.
発売日にImpressの記事を見て,「なかなかおもしろそうだ」と思って衝動買いしました.
総合的にはまぁまぁかなという印象です.

ネタばれあるんで,続きに書きます.

22:49  |  げーむ→レビュー  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2008'02.12 (Tue)

ドラゴンクエスト4~導かれしものたち~

タイトル:ドラゴンクエスト4~導かれしものたち~(スクウェア・エニックス)
ハード:NINTENDO DS
発売日:2007年11月22日

評価:☆☆☆☆☆☆☆☆★

DSででたドラクエ4のリメイク.
基本的にPS版を踏襲していて,あまり目新しさがないのに買ってしまう罠.
DS版になって一番変わったところは,移民の町とふくろかなぁ.

移民の町は町の分岐がなくなって,ただ人を集めるだけに.
まぁ,すれ違い通信があればほかのプレイヤーの住民ができたりするけど,基本的にはかわらないし・・・.

ふくろは一章からずっと引き継ぎができるようになって,三章で腐るほど武器,防具を袋にためればお金の苦労はしなくなります.
これが一番大きい影響かもしれません.

リメイクであまり変化がないので,レビューをすごく書きづらいんですけど,デキは鉄板です.
安心して遊べます.
知らない人は体験するために,知ってる人は懐かしむためにプレイしてみるのもいいんじゃないですかね.
23:56  |  げーむ→レビュー  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2007'11.25 (Sun)

FINAL FANTASY TACTICS 獅子戦争

タイトル:FINAL FANTASY TACTICS 獅子戦争(スクウェア・エニックス)
ハード:PLAYSTATION POTABLE
発売日:2007年5月10日

評価:☆☆☆☆☆☆☆☆★

1997年に発売されたFFTのリメイク.

ファイナルファンタジータクティクス 獅子戦争ファイナルファンタジータクティクス 獅子戦争
(2007/05/10)
SONY PSP

商品詳細を見る


基本的には移植で,随所に新しいエピソードなどが盛り込まれています.

なのでPS版と比べて変わった点について書きます.

<新キャラ>
強すぎでバランスブレーカー.

<新ジョブ>
条件がかなり厳しい.
使い勝手はたまねぎ剣士が相当悪いと思われる.

<新エピソード>
ストーリーを補完するものあり,おまけ的なものあり,でよかったと思う.

<ムービー>
最近のムービーはぜんぶ声がでるから最初は声がないことに違和感を感じるけど,慣れれば問題なし.
声がなくても十分よいと思う.

<その他>
魔法などのエフェクトが遅くて音と絵がずれてるのがいただけない.
番号の入れ替えができない(PS版もだけど).
エンディングの見せ方がわかりやすくなった(ような気がする.PS版と違う感じになっていると思うんだけど,PS版を覚えてない).


PS版がすきで,またやってみたいなぁと思っている人にはお勧めできるのではないかな,というのが総評です.

20:02  |  げーむ→レビュー  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2007'05.27 (Sun)

FINAL FANTASY XII REVENANT WINGS

タイトル:FINAL FANTASY XII REVENANT WINGS(スクウェア・エニックス)
ハード:Nintendo DS
発売日:2007年4月26日

評価:☆☆☆☆☆☆☆☆

FF12の派生作品だけど,内容は別物.
前作をやっていればニヤリとする場面もあるものの,あまりこだわるポイントではないと思います.

俗にRTSと呼ばれるジャンルに分類されると思われるゲーム.
初体験の自分には非常に忙しいゲームでした.
ポーズをかけて画面を見ながらじっくり考えることが出来ないので,とにかく動かしながら考えるしかないです.
加えて操作性があまりよろしくないので,選択をよくミスして窮地に陥るなんてことがしばしばありました.

ストーリー的には割りと王道な感じ.
あんまり裏事情とかなくて,ちゃんと主人公が主人公らしく振舞ってたかなと思います.

自分としてはドット絵があれこれ動いてたのがうれしいですね.
最近は何でも3Dにしちゃう傾向ですけど,やっぱりドット絵には温かみみたいなものを感じます.
ドット絵キャラクターがみんなでぞろぞろ歩いていくさまを見てるのは楽しいです.

音楽はFF12のものが多く使われてますけど,随所に昔のFFのにおいを感じられる作品なので,昔のFFが好きな人はやってみてもいいかも.

以下,ネタばれ.
23:05  |  げーむ→レビュー  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。